『サム・トゥッ・ソリ』は1998年11月の「日本のうたごえ50周年記念祭典」に初来日した「韓国民族音楽人協会」のミュージシャンの特別編成ユニット。
その演奏は深い感動を呼び、民衆の想いを歌い上げる日韓音楽交流の契機となり、99年・01年の日本公演をはじめ数次にわたり来日。
2016年4月には実力派ミュージシャン5人による新たな編成で11か所13公演に及ぶJAPAN TOURを敢行。
韓国民主化運動の熱い思いと人間らしく生きる力を歌い上げ多くの感動を誘った。今回は新たに組まれた編成で進化した『サム・トゥッ・ソリ』が関西でヒューマンサウンドを奏でる。
ボーカル&ギター <リーダー>

韓国では“ローソク歌手”として知られている。
1993年歌団「祖国と青春」で活動。その後フォークグループ「ノレマウル(歌村)」で活動。
1998年サム・トゥッ・ソリの初来日以来すべての日本公演に音楽監督として参加。
2009年音楽センター制作「草の根のうたびとたち」に参加。毎年来日し演奏活動を続けている。
ソウル民族芸術人総連合副委員長。
これまでのサム・トゥッ・ソリ公演全てに出演。
2016年のJAPAN TOUR(11ヶ所13公演)に出演。
ボーカル&キーボード

韓国を代表する民衆歌謡団体のひとつ「ウリナラ」のメンバー。
1999年から「ウリナラ」の歌手・作曲家として活躍。
2011年から14年、日本の朝鮮学校を支援する「モンダンヨンピル(ちびた鉛筆)」の大阪・東京・広島・静岡公演に参加。
2016年のJAPAN TOURに出演。

ボーカル&キーボード

ミュージカルからアカペラグループまで幅広い歌唱力を持つ歌手。
1995年歌劇「白頭山」主演後、数々のミュージカルで主演。
2005年に歌劇「クムガン(錦江)」ピョンヤン(平壌)公演に主演にて出演。
同年国立劇場主催第2回韓国歌謡祭大賞をアカペラグループ「アカシア」で受賞。
2016年のJAPAN TOURに出演。
ボーカル&ギター&パーカッション

韓国で人気のミュージカルスター。
歌劇「クムガン」、「共同警備区域JSA」など多くのミュージカルに出演。
1996年にアルバム「On The Ground」でCDデビューし、アルバムも多数発表。
ソン・ビョンフィとは「人気歌手」の名でデュオとして演奏活動もしている。
仏教放送チャンネル「イ・ジョンヨルの百八歌謡」でディスクジョッキーも務め、2015年「七転八倒クヘラ」で俳優として出演するなど多彩な活動を展開。
サム・トゥッ・ソリには初めての参加

Copyright © 2018 CenterPro.Inc All Rights Reserved.